医療系の仕事は全部が人気職種?

 

医師・看護士・薬剤師はわかる気が

医療系の仕事には様々なものがあります。病院で働く以上は最大の権力と責任を持つのが医師になりますので、その立場や待遇は医師が最大となります。次いで影響力が強いのは看護師です。看護師のも正看護師や准看護師など沢山の資格が存在しますが、医師の指示に基づいて必要な医療サービスを行うという点では同じです。夜間の病棟を支えるのは看護師の力に頼るところが大きく、夜勤を沢山行うのであれば看護師の待遇はとても高いものになるということが知られています。看護師の次に待遇が良いのは薬剤師でしょう。薬剤師として最も活躍できるのは製薬会社かもしれませんが、病院においても医師の指示に基づいて医療を下支えする重要な職業の一つです。医療系の仕事にも沢山の種類がありますが、これら3種類の仕事は特に人気が高くなっています。

一方、男性の看護師のことを看護士と表記することがありますが、看護士はその職場をかなり制限される傾向があります。医療もサービス業化が進んでおり、男性が女性に対して医療サービスを行うことは難しくなってきているのです。世間では男女の雇用格差が問題になっていますが、医療の現場においては女性優位な状況が生まれつつあるということが出来ます。医療系の仕事であればすべてが良い待遇であるというわけではないのです。

医療系の仕事には他にも診療放射線技師や臨床検査技師、臨床工学技士、保健師、管理栄養士、介護士、精神保健福祉士、言語聴覚士、理学療法士、作業療法士など様々な専門職が存在しています。これらは全て一定の医療分野では重要な役割を持っていますが、看護師に比べて汎用性に乏しい資格であるという側面があります。そのため待遇面ではかなわない場合もあります。しかし専門分野においては医者以外には行えない業務を担うなど高い専門性を担保された職業であるということが出来ます。その意味では医療の現場では必要とされる存在であり、今後の活躍も間違いありません。